氣起手

氣起手 【たつの市】

Tel:0791-60-3125

たつの市にあります氣起手では、あなたの体と心の悩みの「てだすけ」をおこなっております。

お店発見伝TOP
たつの市にあります氣起手では、あなたの体と心の悩みの「てだすけ」をおこなっております。
氣起手ブログ

氣起手ブログ

 
36件中  6件~10件表示
前へ  1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7  | 8  次へ

2018/06/30

いらいらを鎮める

 
いらいらは
体に良くない

そんなことはわかっています。

でも・・・。

わかっちゃいるけど
ねえ〜〜




そんなときは
感情を解放することです。

解放・開放すると快方します。


こころはスッキリします。


久方ぶりに

いらいらの感情が・・・キターーー。

静めるには、コツ・アイテムがあります。

からだにとって
良きことは
いらいらしないことです。

アイテムを使って
・・・・30秒・・・・

しつこい感情も
3分もあれば  消去される。

えっ??
こんなことで

・・・・・
・・・・・
消えるのってかんじですが

簡単に消えちゃいました。
からだは正直です。


2018/06/26

えっ〜〜!ありえへんって感じの出来事

 
昨日は姫路のサロンに
出向いていました。

その帰路でなんと
え〜〜〜って
???の出来事が

私を襲ったのです。



それは
姫路発の姫新線の1両目
出入り口付近で
車両に半身を任せた形で
陣取りました。


ほぼ満員状態の車両でのこと

多くの人が余部で下車し
車内はゆったりと
さっきまでの緊張感から開放された
魔の時間・・・。



な、なんと
立ったまま爆睡していたんです。


普段ならしっかり目を開けて
本竜野駅で下車
してるはず・・・・・。


ありえへん∞世界に
いってしまってました。


姫新線で乗り過ごすなんて
それも立位でです。

はじめて、きゃーーーーー。
笑撃の経験です。


折返しの電車に飛び乗って
無事、本竜野に到着。




迎えに来てくれた
心配する娘の顔と

家で待っていてくれた主人に

立ったまま寝るって
ある意味すごいねって言われました。

疲れは自覚なく
溜まっているかも・・・。

これから
気をつけようと
思った一日でした。

開運サロン





2018/06/18

バランスって大事です。意識して生きましょう。

 

陰陽のアンバランスによる症状
バランスが取れていたら
からだにあらわれないもの


肩こり、頭痛、生理痛、指先の乾燥
肌荒れ、口内炎、動悸
髪の毛の問題、関節の痛み…


脾臓(陰) ⇔ 胃(陽)
のアンバランスで起こる症状

心臓(陰) ⇔ 小腸(陽)
のアンバランスで起こる症状

肺(陰)  ⇔ 大腸(陽)
のアンバランスで起こる症状

腎臓(陰) ⇔ 膀胱(陽)
のアンバランスで起こる症状

肝臓(陰) ⇔ 胆嚢(陽)
のアンバランスで起こる症状



肩こり、頭痛、生理痛、指先の乾燥

肌荒れ、口内炎、動悸

髪の毛の問題、関節の痛み…





違和感も含めて
じぶんのからだに
もっと意識を向けましょう。

2018/06/15

からだの修復は寝返りできる枕とは?

 
からだが寝返りを打つのは
わたしたち自身、自ら
歪みを正してからだの
弱っている部分を
修復するためだと言われています。


寝返りをして
からだをひねることで
背骨のストレッチ
からだが気持ちよく
伸びていることに
気づくでしょう。


十分に背骨を緩めたら
自然に仰向けで
眠りにつくことが
できるようになります。


首のカーブを保ちながら
仰向け寝を癖付けできる枕


寝返りでからだの修復
寝返りを邪魔しない枕


バスタオルが活躍します。

2018/06/14

仰向けで寝ることの大切さ

 
仰向けで寝ることの大切さ
首のカーブを整えるには
仰向けで首を保護し
寝ている間に整えることです。


頭はすごく重いのです。
その頭を支え続ける首は
起きてる間は辛抱強く
支えてくれています。


最近では

首がストレートに伸びる
ストレートネック
スマホ病などと呼ばれるなど
過酷な状況にあります。



そこで重要なことは
カーブ、ただ寝るだけで
首のカーブを取り戻す
枕についての話です。



首のカーブがきちんと
整うと、首から下の
背骨から骨盤に至るまでの
本来のからだのS曲線が
戻ってきます。




ただ枕を変えるだけで


寝ながらにして
S曲線が戻ってきます。


からだにとって
適正なカーブがあるから
柔軟に緩むことができます。






からだにとって
仰向けで眠るだけの
癖付けをすることは
もっとも最適で心地よく
無理がないものになると
思います。





前へ  1  | 2  | 3  | 4  | 5  | 6  | 7  | 8  次へ