オーラ

お問い合わせはこちら

オーラ

オーラ

人の体から発する霊的な放射体。風,香気,輝きなどを意味するラテン語アウラに由来しています。体表から数cmから1m近くの厚みで体を取り巻く光の雲のようなものとされ,通常は超能力者にしか見えないといわれています。科学面ではキルリアン写真やライヒのオルゴン・エネルギーとの関連から,また宗教などの面・絵画では聖人の背光やアストラル体Astral body(物質としての人体を包む霊的肉体)を解明する鍵として研究されています。オーラについての科学的実験はキルナーWalter John Kilner(1847‐1920)に始まり,1/8インチ(約0.3cm)離れた2枚のガラス板の間に感光染料ジシアニンのアルコール溶液を満たした〈ジシアニン・スクリーン〉が考案されました。例えば植物の葉の一部を切り取って写すともとの葉の形が写る(ファントム・リーフ現象)とかがあります,人間の指から出る光の強さや色が感情に応じて変わるなどともいわれています。人体が発するオーラは古くから後光や背光として知られていたため,キルリアン写真をその科学的証拠とする向きもあります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。